マイレディスの即日融資|女性専用キャッシングマイレディス

女性専用キャッシングマイレディスで借り入れ

「 レディースローン とは?」 平成22年に貸金業法の法律改正があり、「お金を借りる」行為、また「お金を貸す」行為について厳しく規制されました。おもには消費者保護の観点からの改正です。 そのひとつに総量規制があります。総量規制とは、 個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。 これはお金を貸す側が利用しようとするユーザーの収入をチェックして、すでに借入している金額を含め、収入の1/3を超えるようであれば貸し出しをしないよう義務付けています。 ではわずかなパートやアルバイトしかしていない主婦はどうなのでしょうか? また、まったく仕事をしていない専業主婦はどうなのでしょうか? 一般的に主婦のお財布は家計と直結していることが多いと思いますが、中にはご主人が家計を握っている家庭もあるでしょう。 そんな時世帯収入と主婦個人の資金需要がかならずしも一致しない場合があります。 家事・育児に専念する女性の方でも急な出費やお付き合いでお金が必要になるケースもあると思います。 そのような時キャッシングサービスは非常に便利と言えますが、注意しなければならいことも多くあります。 実はそんな女性の不安を解消するようにキャッシング各社は女性向けに「レディースローン」といった商品を用意しています。 当サイトでは「 レディースローン 」についてユーザー体験もまじえながら、主に女性ユーザーに向けわかりやすく解説をしてゆきます。安心・安全なキャシングにお役立てください。 レディースローンって何? 実はキャッシング会社では、主婦に限らず「女性専用ローン」の取扱いしている会社がかなりあります。 レディースローン、レディースキャッシングなど、その呼び方も商品名も会社によって様々です。 女性専用ローンは、その名の通り、申込者を女性に限定した商品です。 なぜキャッシング会社は女性専用ローンを用意しているのでしょうか。 いろいろな理由がありますが、やはりキャッシング会社としては女性の不安感を無くしたいというのが一番の理由でしょう。 一昔前の消費者金融などのイメージから、お金を借してくれるキャッシング会社に対して少なからず不安を感じる女性は結構います。まして初めてカードローンなどを利用してみようと思う方はなおさらでしょう。 現在の消費者金融を含めカードローンなどのキャッシングは、コンプライアンスも強化され利用に対して不安を感じる必要はありません。もちろん計画的に利用する必要はありますが、ヤクザまがいの取り立てなどはありませんし、返済が厳しい場合も早めに連絡をすれば親切に相談に乗ってもらえるケースも多くあります。(正規登録業者です。未登録の闇金融はこの限りではありませんので絶対に借りてはいけません。) このように少しでも女性ユーザーの不安を取り除くため、審査の受付けなどの対応は原則、女性オペレーターが行うので、初めて申込みをする女性も安心して申込みができるというメリットあります。 またキャッシング企業からすると女性ユーザーのニーズは意外と多いので、その辺りのマーケットをしっかり押さえたいという思惑もあるでしょう。 ただし実際には、それ以外に利率などの借入れ条件は通常の商品とほとんど変わりません。 実は平成22年6月の改正貸金業法完全施行前までは、女性顧客はキャッシング会社、特に消費者金融会社にとって大変大きな市場でした。 中でも主婦層に関しては、実際に家計のやりくりをしていたり、財布のヒモを握っている場合が多いので、自分自身の収入は無くても、配偶者に安定した収入があれば返済は十分可能と言えます。また女性ユーザーは相対的に消費意欲が旺盛でローンに対するニーズは以前から強いものがありました。 その為、法改正前はレディースローンだけの専用店舗や専用部署を設けていた消費者金融会社も多く見受けられ、女性ユーザーも今に比べると、比較的融資を受けやすい環境が整っていました。当時は申込みをした主婦自身がパートやアルバイトなどをしていない無職、無収入の「専業主婦」であっても積極的に融資が行われていたものです。 しかし法改正に伴い、原則年収の3分の1を超える貸付を禁止する総量規制が導入されて以後、消費者金融会社が無職・無収入の主婦層に融資を行うことは難しくなり、「主婦層」という市場は崩壊してしまいました。 そのため現在ある女性向けキャッシングは、利用者を、パート・アルバイトなどの低収入でも安定した収入がある方に限っているのがほとんどです。 前述のように、総量規制の導入によって、レディースローンは以前に比べればかなり下火ではありますが、当然一定の需要は現在でもあり、何とかその需要を取り込もうと各社が商品開発に取り組んでいます。 >>初めて利用するユーザーの獲得を狙う銀行カードローン商品 しかしながら総量規制は当然適用されるので、借入額は年収の3分の1以内に限定されることは、原則、通常のキャッシングと変わりありません。 その辺りの規制はいかんともしがたく、以前に比べると「女性専用ローン」に対する取り込みは会社によってマチマチになってしまいました。 実際には表向き「女性オペレーター対応」をうたっているだけの商品が多いのが実情ですが、特に初めて利用をする女性にとっては、女性オペレーターが対応してくれるのは安心感が強いようです。 また企業側にとっても、もともとオペレータは女性の割合が多いため、「女性専用商品」をうたうにあたり、さほどコストもかからない為、販売促進のための宣伝材料としては悪くはないといった ところが実情でしょうか。 レディースローンを利用するメリット 貸付条件は通常とほとんど変わりません。 実は勘違いされている方も多いのですが、レディースローンといっても表面的な貸付条件で特別何か優遇されていることはほとんどありません。その内容はほとんどが前に書いたように「女性オペレーター対応」をうたっているだけの商品が多いのが実情です その為商品内容を確認すれば、利率、返済期限、最大貸付額などは、通常のフリーローンと何も変えていない会社がほとんどです。通常のフリーローンでも女性顧客は存在するので、レディースローンという商品を利用した方だけが優遇されることは、やはり不自然と言えるでしょう。 では、貸付条件が変わらないのであればレディースローンという商品を利用するメリットは何かあるのでしょうか。 一見何も無いように感じますが、実はそうでもありません。 女性専用ローンを選ぶメリットを次項にまとめてみました。 【対応は全て女性スタッフ】 いままで書いてきましたが、現在のレディースローンの最大の売りは、申込みから融資までの一連の対応を、原則、全て女性スタッフが行うことにあります。 このことは、特に初めて消費者金融を利用しようとしている女性にとっては、申込みしやすい環境をつくる材料になっていることは間違いありません。 やはり、消費者金融の男性スタッフというと、ちょっと怖い印象を持っている方も多いので、女性スタッフが対応することで、より申込みがしやすくなったと言えます。 しかし、女性が対応するのはあくまで受付時のみです。 取引後に延滞した時などの相談窓口は、男性スタッフも混同している場合が多いようです。 【表面に表れないメリットも】 レディースローンの商品内容自体は前述のように通常の商品とほとんど変わりません。 しかし、表面には表れないメリットもあります。 レディースローンの取扱いをしているということは、低収入の女性に対しても積極的に融資をしている会社ということが言えます。 女性の多くは、その人自身が「主たる生計維持者」ではないことが多く、もともと生活維持費は、配偶者・親・同居者などから出ているケースが多く、本来は総量規制という概念にそぐわないという意見もあります。 消費者金融会社がそのような観点で審査をすれば、本人自身が低所得であっても、世帯としての収入がある程度見込めるのであれば、融資は可能ということになります。 (もちろん総量規制に抵触しない範囲内になりますが) わざわざ、レディースローンという商品を設けている会社は、このような視点で審査をしてくれる会社である可能性が高いと言えるでしょう。 >> 総量規制に抵触しないカードローン商品とは? 【女性にはレディースローンがおすすめです】 レディースローンの取扱いをしている会社は女性にとって上記のようなメリットがあります。もちろん、通常のフリーローンも男性専用ではないので女性も申込み出来ますが、これらのことよりも、女性の方には、レディースローンで申込みをすることをおすすめします。